眼科 川崎区 白内障 緑内障 網膜剥離 加齢黄斑変性 ドライアイ 森村眼科クリニック

診療時間 10:30-13:30/15:30-19:30

眼科の症状

  • 目に関する症状について、なるべくわかりやすく解説していきます。

黒いものが飛んで見える

いわゆる「飛蚊症(ひぶんしょう)」です。網膜剥離などの兆候として現れることがあります。



明るい背景や白い背景で目立つような黒っぽいものが飛んで見え、目を動かすとゆらゆらとついてくるような症状です。蚊が飛んでいるように感じることから「飛蚊症」とよばれますが、形や大きさによって色々なものに見えるようです。光を感じる網膜の前には硝子体(しょうしたい)という、よく卵の白身に例えられるドロドロした透明なものがあります(図1)。この中に何かしら濁ったものがあると、その影が網膜に映ってゆらゆらと何かが飛んでいるように見えるのです。全然心配いらないことも多いのですが、時に網膜剥離など、深刻な病気の前兆となることがあります。

一般に年齢が高くなってくると、硝子体の中がさらさらになって縮んで来て、あるとき硝子体の後面が網膜からはずれる変化がおきます(後部硝子体剥離といいます)。このとき濁りをくっつけてはずれることが多く、突然飛蚊症が自覚されます(図2)。問題は、この変化の際硝子体が部分的に網膜を引っ張って穴をあけたり破ったりし、網膜剥離の原因となることがあることです。実際、飛蚊症がおきた、といって眼科を受診した方で、眼底検査により網膜の穴や網膜剥離が早めに見つかることが時々あります。飛蚊症が突然でてきたり、いままでわずかだった飛蚊症が突然増えたりしたときは、必ず一度眼科で眼底検査を受けてください。

TOP