眼科 川崎区 白内障 緑内障 網膜剥離 加齢黄斑変性 ドライアイ 森村眼科クリニック

診療時間 10:30-13:30/15:30-19:30

眼科の病気

  • 眼科の病気についてなるべくわかりやすく解説していきます。

白内障

目の中にあるレンズの濁りのことです。ひどくなって視力が落ちると手術が必要になります。



目の中にあるレンズ(水晶体)が何らかの原因で濁るのが白内障です(写真:目薬で瞳を広げています。この写真の例では水晶体の前面に強い濁りが見られます)。真ん中の濁りが強くなると光が入りにくくなるため、視力が落ちる原因となります。

多いのは加齢性の白内障で、年齢とともに強くなってくるのが一般的ですが、進み方は人それぞれです。進行を遅らせる薬はありますが、治す薬はなく、白内障のために見づらくなった場合は手術を受けることになります。以前は本当に見えなくなってから手術していましたが、最近はかなり安全に手術ができるようになったため、視力が割りといいうちに手術を行うことも増え、ご本人の不自由の度合いと希望を優先して考えることが多くなっています。眼科の先生とよく相談をしてください。

TOP